辞めたくて仕方がないバイト、でも辞めさせてくれない

働いた対価として賃金をもらうのは、なにもいいことばかりではないでしょう。割り切って賃金のだけに働いている人もいるでしょうし、仕事内容自体に興味はないけど仕方がなく、生活のために働いているという人も多いと思います。ほかのいい仕事が見つかったり、仕事以外でやりたいことが見つかった、長期の旅行に行く、学業に専念したい、結婚したなど人それぞれ事情があると思います。となると、普通の流れとしては、バイトを退職するという旨を責任者である、店長かオーナーに申し出るというのが一般的な流れでしょう。明日からというわけでなく、常識を持っている人なら、一ヶ月前など事前に言うのが普通でしょう。 しかし、バイト先の店長が辞めさせてくれない、辞めるなら他の代わりの人を連れてくるのが条件、しかもその代わりの人が辞めずに、従業員として戦力になってからじゃないと辞めるなと言われた、これってアリなんでしょうか。少なくとも一ヶ月前には言ってるし、おまけに代わりの人員をつけるなんていう、求人の宣伝費までこっちで負担しないといけない。

バイトを辞めさせてくれないのは違反か

一般的に、勤務先を辞職する際は、法律で期限が設けられており、それにのっとって進められる。民法627条の規定により2週間前に退職の意思を伝えれば、従業員も雇用者も契約を解消することができます。しかし、これがすべての店に適用されるというわけでは必ずしもなく、就業規則等で、退職の申し出は1ヶ月前までにしなければならない、というような規定がある 場合は、民法より就業規則の法を優先しなくては基本的にはなりません。どうしてもやめさせてくれない場合は、都道府県の労働相談センターや労働基準監督署に相談しましょう。

店の都合で期限が延長される

従業員として採用されると、一般的に雇用契約書というものがかわされます。それに、雇用を解消する際は、一ヶ月前になどという項目がよく見るとあると思います。それに反すると基本的には契約違反となり、店側が有利となります。裁判などで訴えられたら従業員は不利な立場となるのです。なので、規則以外で、他の人を連れてこいなどという店側の都合は、はっきり言って無視してもよいのです。ただ円満に辞めたい場合、辞めた後の人間関係を続けて行きたいという場合は、しょうがないですが、どの程度深入りするかは考えもんです。